成長痛とシーバー病と病院診断されたら さいたま市北区整骨・接骨院へ

「シーバー病とは」の画像検索結果シーバー病(踵骨骨端症)は、8歳〜12歳ごろの子供に多く見られる怪我です。 主な症状はかかとの痛みですが、アキレス腱やくるぶしの周辺、足裏全体が痛くなる子もいます。 特に、ランニングやジャンプなどの動作で痛みが起きます。 8歳〜12歳の頃は、まだ、かかとの骨の後ろ側が軟骨(柔らかい骨)で出来ています。

ほんごう接骨院ではアクチベータによって筋肉にある感覚受容器に対して「特殊な働きかけ」をすることで、緊張を起こしている筋肉や神経を回復させ痛みを軽減させます。成長痛と同じような症状が出ますが、同じ炎症が出ている点は一緒です。重篤な症状が出ていた場合は専門病院へ紹介を行うこともありますが。当院でほぼ完治できる症状が多いです。

ほんごう接骨院では、整骨・整体・カイロプラクティック・交通事故後の治療・むち打ち治療・骨盤矯正・O脚矯正を受けに、さいたま市北区/土呂 蓮田 加茂宮 宮原 今羽 吉野原 原市 瓦葺 白岡 桶川 久喜 北本を中心に、さいたま市内全域(さいたま市大宮区 さいたま市岩槻区 さいたま市浦和区 さいたま市桜区 さいたま市中央区 さいたま市西区 さいたま市緑区 さいたま市南区)見沼区(東大宮 大谷 大和田町 七里 小深作 笹丸 島町 蓮沼 春岡 春野 東大宮 東宮下 東門前 深作 風渡野 堀崎町 丸ヶ崎 南中野 南中丸 宮ヶ谷塔 他)はもちろん、東京都内からも患者様にお越しいただいております。