腱鞘炎治療にはアクティベーターが有効

腱鞘炎は字のごとく筋肉の腱を抑えている”さや”が炎症を起こしている状態です。

保存療法としてはやはり使わないのが一番ですが、腱鞘炎になるところは利き腕が多くそううまくはいきません。

当院の治療方法はまず筋肉がうまく使える状態にすることです。身体のバランスだったり筋肉の捻じれなどを先ず治し

そのうえでテーピングで固定をしていきますので回復が早いです。また、アクティベータを使用し神経系からも刺激をしていきます。

文章で説明すると長くなるのでアクティベータのイメージを載せていきます。妊婦さんの例ですが、どこの怪我にも聞きます。

ほんごう接骨院は整骨・整体・カイロプラクティック・交通事故後の治療・むち打ち治療・骨盤矯正・O脚矯正を受けに、さいたま市北区/本郷 土呂 蓮田 加茂宮 宮原 今羽 吉野原  上尾 原市 瓦葺 白岡 桶川 久喜 北本を中心に、さいたま市内全域(さいたま市大宮区   さいたま市西区 さいたま市緑区 さいたま市南区 さいたま市浦和区 さいたま市桜区 さいたま市中央区 さいたま市岩槻区)見沼区(東大宮 大谷 大和田町 七里 小深作 笹丸 島町 蓮沼 春岡 春野 東大宮 東宮下 東門前 深作 風渡野 堀崎町 丸ヶ崎 南中野 南中丸 宮ヶ谷塔 他)はもちろん、東京都内からも患者様にお越しいただいております。レントゲンなどで病院との連携もできています。