足首の捻挫/さいたま市北区の整骨・接骨院なら

足首を捻挫しましたが、軽かったので病院に行かずに放っといていました。と

よくお聞きします。足首はひざから下の脛骨と腓骨という骨が足首の部分の踵骨(かかと)を

押さえています。足首を捻るという事は、脛骨・腓骨が少し広がり、かかとの部分の骨が内側・外側に捻られます。。

機能的以上に骨が移動するので痛みが出てしまいます。炎症が治まれば痛みが消えますが、広がった骨はそのままに

なってしまします。何度も捻挫してしまうというのはかかとを押さえている骨が広がったままという方が多いのです。

再発が起こるのも広がったままの方が多いためです。ほんごう接骨院では足首を捻挫した後の脛骨・腓骨・踵骨を正しい位置に戻し、アライメントを整え再発を防止いたします。

只の捻挫だけでなく、骨折を伴っている場合もありますので注意が必要です。必要な場合はさいたま市専門病院へ紹介状をお書きしております。

ほんごう接骨院では整骨・整体・カイロプラクティック・交通事故後の治療・むち打ち治療・骨盤矯正・O脚矯正を受けに、さいたま市北区/土呂 蓮田 加茂宮 宮原 今羽 吉野原 原市 瓦葺 白岡 桶川 久喜 北本を中心に、さいたま市内全域(さいたま市大宮区 さいたま市岩槻区 さいたま市浦和区 さいたま市桜区 さいたま市中央区 さいたま市西区 さいたま市緑区 さいたま市南区見沼区(東大宮 大谷 大和田町 七里 小深作 笹丸 島町 蓮沼 春岡 春野 東大宮 東宮下 東門前 深作 風渡野 堀崎町 丸ヶ崎 南中野 南中丸 宮ヶ谷塔 他)はもちろん、東京都内からも患者様にお越しいただいております。