膝の治療について

膝痛

  • 膝がのびない
  • 立ち上げる時に痛い
  • 膝の痛みで正座できない
  • 少し歩くと膝が痛んでくる
  • 時々膝のあたりからギシギシ音がする
  • 病院では加齢が原因だから治らないと言われた

膝痛とは?|ほんごう接骨院

膝の異常は、40代前後から顕著になってきます。

特に女性の膝の異常は男性に比べて多い傾向です。

なぜなら、男性に比べて絶対的な筋量が少ないからです。

最初はこわばりや違和感、徐々に階段の昇り降りや立ち上がった時に痛みが走るようになり、さらに炎症を起こして腫れるようになってきます。

しかし、膝の痛みはレントゲンでは判断できないことが多いといわれます。

膝痛が出ておかしくない状態なのに痛みを感じない、ということもあれば、わずかな異常なのに激痛を感じる人もいます。

人によって様々でなので痛みの強弱は疾病の進行の判断にはなりません。

ソース画像を表示

膝痛の原因とは?|

ほんごう接骨院

膝の痛みは、主に以下の原因があります。

・加齢によって関節軟骨がすり減り、骨同士の摩擦が起きる

・ケガや病気の一症状

・肥満による膝関節への負担

・運動不足による筋力低下

このうち最も多いのが、加齢によって関節軟骨がすり減る「変形性膝関節症」です。

軟骨の細胞は自己再生能力がないため、すり減る一方です。

そのうちに軟骨同士がこすれ合ったり軟骨が剥がれ落ちたりして膝関節が変形し、常に痛むようになります。

さらに進行すると軟骨が消滅して骨同士の摩擦が起きるようになり、激痛や膝の変形が顕著になってきます

そこまで行くと痛みで歩行困難になったり、関節が硬直して曲がらなくなってしまいます。

治療方法は初期なら鎮痛薬や関節注射、進行期になると装具の装着、末期になると人工関節に置き換える手術になります。

しかし、関節内注射は針がその周りの組織を破壊して侵入するために、お勧めいたしません。

当院でもヒアルロン酸注入した方が多くいらっしゃいますが、関節が治っても注射痕の痛みが残ってると後悔をされている方がおおいのが現状です。

 

当院の膝痛の改善方法とは?|ほんごう接骨院

軟骨のすり減りを食い止めるには、膝や太ももの前部を鍛えて軟骨の負担を減らすことや、血行を良くして筋肉の柔軟性を保つことが大切です。

当院では、簡単な自宅で出来るリハビリや筋肉を収縮運動させるEMSを使用し、筋肉を強化させる方法を取っています。

この方法は普段使っていない筋肉にも刺激を与えるため、より効率的に膝回りの負担を軽減させることができます。

さらに、膝への負担をより軽くするために、骨盤矯正で・筋肉・神経調整で全身の歪みも改善させていきます。

その他、膝への負担を軽減するために減量したいという方には、ボディーメイクをご紹介することもできます。

膝痛を放置していると、最悪の場合車椅子の使用や寝たきりといった状態になる危険性があります。
そうなる前に、ぜひほんごう接骨院の治療をお受けください。

ほんごう接骨院へのご予約・ご質問はこちらから

※24時間対応可能  メニュー画面右下から予約へ移動します。そちらの画面でお名前を入力してください。※こちらはメニュー画面になります。

TEL:048-871-9016