ぎっくり腰

  • ぎっくり腰の経験は今回が初めてではない
  • 院では鎮痛薬や注射のみで一時的な効果しかなかった
  • ヘルニアだから仕方ないと言われた
  • 重い荷物を持った瞬間、激痛でうずくまってしまった
  • 横の物を取ろうと上半身をひねったら腰がズキンとした
  • 朝起きて伸びをした瞬間強い痛みが走った
  • ぎくっとなっていないからぎっくり腰ではないかも・・

ぎっくり腰とは?|さいたま市ほんごう接骨院

ぎっくり腰は正式な症名を「急性腰痛症」といい、ドイツでは「魔女の一撃」と呼ばれる突然の激痛のことです。
急性腰痛症には、以下の特徴があります。

・突然腰に痛みが発生する
・動くと腰痛が悪化する
・レントゲンやCT、MRIでは異常が見つからない
・神経痛やしびれ、麻痺などはない
・4週間以内で治る

重い物を持った時に起こりやすいのですが、軽い荷物を持った、身体をひねった、伸びをした、前屈した、といったことでも生じる場合があります。

ぎっくり腰の原因とは?|さいたま市ほんごう接骨院

レントゲンなどで異常が見つからない」当然です。

なぜなら、ぎっくり腰は筋肉の捻挫・肉離れに当たるからです。レントゲンでは写りません。

現在のところ、可能性が高い誘因には以下が挙げられています。

①腰への過度な負荷
重い物を不用意に持ち上げたり、運動で腰に過度な負担をかけた

②筋肉疲労や筋力低下
同じ部分の筋肉を使い過ぎて疲労したり、加齢や運動不足によって筋力が低下している

③姿勢の悪さ
崩れた姿勢のまま生活することによって、全身のバランスが崩れた

この疾病は再発しやすい傾向がありますが、その理由の多くは間違った治療にある、とほんごう接骨院では考えています。
湿布やマッサージ、鎮痛薬やブロック注射では一時的に痛みをなくす、あるいは感じさせなくするだけで、本質的な問題はそのままだからです。

当院の腰痛改善方法とは?|さいたま市ほんごう接骨院

ヘルニアを持っているから・・・仕方がない

それは違います!

実際私もヘルニアがありますから仕方ないと言われていました。

ヘルニアを持っていても腰痛を発症していない人は多くはありません。

お医者様がそう言っていたから。。。関係ありません!!

患者様一人一人の体質や生活習慣に歪みが原因と考え、

まずは丁寧に問診し、その後触診で身体の特徴や歪みを確認します。
そうすることでトラブルの根源が筋肉か、骨格か、自律神経か、

といったことを判断し、それに合わせた治療を行なうのです。

絶対的に治さなければならないこと!それは歪みです。自律神経の影響も歪みから発症いたします。

自律神経と運動神経は真横を走行しているので影響し合います。

まずは、冷やすこと!湿布も効果がありません。

湿布は冷えないの?という質問がきますが、よく考えてみてください。

湿布で冷えるなら・・・みなさんは熱を出した時に湿布を貼りますか?

筋肉のことになると途端に認識がズレてしまうのは、やはり昔ながらの整形外科の先生と言われる

方達の悪影響でしょう・

ほんごう接骨院では正しい知識を伝え

ご自宅でもケアできるように、日頃の姿勢の整え方やストレッチなど簡単にできる方法もお教えします。

ほんごう接骨院は本当の患者様からの高い信頼で、埼玉県で技術・口コミ1位

ゴットハンド在中・ラジオに出演していた武藤が診ます。
ぎっくり腰の治療は、常に患者様とコミュニケーションを取り、最適な施術で根本治療を目指す私たちにお任せください。

ほんごう接骨院へのご予約・ご質問はこちらから

※24時間対応可能  メニュー画面右下から予約へ移動します。そちらの画面でお名前を入力してください。※こちらはメニュー画面になります。